« やったz | トップページ | 麗しき鬼 »

反省すべき一日

本日、初めて旦那が息子に対して、手をあげ怒りました。

本当に初めてでした。

理由は単純。
旦那がゲームをしていた最中、息子が邪魔して
キーボードとか画面とかを触ったということ。
今までも、何度も何度も同じことがあったけど、ここまで怒ることはなかった。
旦那もここ最近、ずーっと仕事が忙しくゆっくりする時間もなくて、
ストレスが溜まっていたんだと思う。

まぁ、きっとはたから見れば、好奇心旺盛な子供の前でゲームをして、
じっとしていろという方がおかしいと思うのだろうけれど、
今の旦那はゲームをすることしかストレスの発散方法がないので、
私としては息子にもう少し大人しくしてもらいたい所だったりもする。
というか、最近は息子の我侭もひどくなってきている。
親親戚には聞き分けが良い方だと好印象なのだけれど、
四六時中一緒にいる私にとっては、そうとは思えない部分の方が多い。

イライラしている時の旦那は、本当におかしなことを平気で言う。
今日だって、「口で言ってもわからないんだから、叩くしかない。
親を怒らせたら怖いということを覚えさせないと」と、こう言った。
一理あるような無いような・・。
まぁ、そのあとちゃんと息子に「駄目って言ったことはしたら駄目だよ」って、
ちゃんと言っていたから、まぁ安心はしたけど。

それにしても、旦那が怒って初めて気付いたことがある。
怒られる息子を見ていて、「そこまでしなくても・・」という気持ちにさせられたのだ。
普段は、私が怒ってばかりで、叩くこともしょっちゅう。
旦那は育児なんて、これっぽっちもわからないから、半分私がお手本のようなもの。
その私が、怒鳴ったり叩いたりしていて、決して気持ちいいものではなかっただろうし、
これをお手本として見せていたのかと思うと、反省の気持ちで一杯になった。

私がイライラしているから、旦那も気分を悪くするんだ。
今日の出来事は、半分は私のせいでもある。
あんまり感情的にならないで、一息置いてみようと思った。

   

・・・何か、長々と書いたけれど、意味伝わるかなコレ?w

|

« やったz | トップページ | 麗しき鬼 »

コメント

理由はどうあれ、しかると言うことは教育として必要だと思います

大事なことは両親が揃って叱らないこと
片親が怒ったらもう片親がアフターケア。

そうすれば嫌いな(苦手な)父親もちったぁ好きになれます(実体験)

なんか、偉そうですんませんm(_ _)m

投稿: てぺー | 2007年6月18日 (月) 01時23分

私も現在進行形で同じだよ。
怒ってばかりの自分に嫌気がさすときもある。
旦那のお手本かぁ・・・そういうふうに思ったことはなかったなぁ。(私が考えなさすぎか)

うちは旦那がああだからw叱る担当私。
フォローして諭すの担当旦那で役割分担って感じかな。
(本来は逆なのかもしれないけど、叱るのってやった直後じゃないと効かないってなるとどうしてもそうなる・・・いや、気性か・・・)

でもあんまり一人で背負い込みすぎないようにね。

うちも親戚には「おとなしいねぇ」と言われるんだが四六時中一緒にいる身にとっては「どこが!?」って思うよねw

投稿: 優希 | 2007年6月18日 (月) 09時16分

小さな子供にとって、大人に手をあげられるということがどれ程恐いかという事と、「怒る」と「叱る」は違うっていう事をもう一度考えてみてね。

「だけど、自分がお手本として見せていた」って、客観視して気付けてるのはスゴイ!!(^_^)
「これからは一息置いて・・・」って改善策を考えて実行しようとしてるのもスゴイっ!!!(^-^)

頑張ってね☆

投稿: よいちゃん | 2007年6月18日 (月) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やったz | トップページ | 麗しき鬼 »